Chao Blog
ちゃおブログ  =メディカルや人間の身体について情報発信=
抗酸化作用のある成分

体内から摂取する抗酸化作用のあるポリフェノール成分/ケンフェロール・ミリセチン・ルチン・ケルセチン

抗酸化作用のある食品はたくさんあります。

髪を成長させる上で栄養素は必要ですよね。

 

今回は体の中から摂取する抗酸化作用のある成分を紹介します。

 

この記事ではこのような事がわかります。

  • 抗酸化作用のある4種類の成分
  • ケンフェロール⇒お茶等に含まれます
  • ミリセチン⇒ベリー等の果実に含まれます
  • ルチン⇒蕎麦等に含まれます
  • ケルセチン?⇒お茶等に含まれます

ポリフェノールとは

植物の苦味、渋味、色素等の成分となっている化合物の総称

  • 現在数千種類以上あります
  • ポリフェノールは強い抗酸化作用を持つため、生活習慣病の予防に効果的であるといわれています

ケンフェロール

抗酸化作用以外に抗炎症作用もあります。

お茶以外にはトマト、イチゴ等の果物にも含まれます。

詳細は下記の記事に記載しています。

ケンフェロールとは?

ミリセチン

抗酸化作用以外に抗炎症作用、抗ガン作用もあります。

果物以外では赤ワイン等に含まれます。

ミリセチンとは?

ルチン

抗酸化作用以外に血管強化作用、糖尿病等生活習慣病も予防効果があります

ソバ以外ではアスパラガスやトマトに含まれます。

ルチンとは?

ケルセチン

コーヒー

抗酸化作用以外に抗炎症作用、脂肪分解作用もあります。

お茶以外では玉ねぎやコーヒーに含まれます。

ケルセチンとは?

まとめ

ポリフェノール4種類を記載しました。

食品としては身近なものが多いと思います。

抗酸化作用は体内で老化防止等の作用もあるので定期的に成分を摂取した方が良いですね。

 

果物でもポリフェノールを含んでいるサジーというスーパーフルーツがあります。

ジュースにもなっているので手軽に摂取することが出来ます。

スーパーフルーツサジーとは?

 

 

 

 

 

RELATED POST