AGA

『AGA診療ガイドライン 2017年版』推奨度が高い成分を配合した育毛剤と発毛剤は?

市場に販売されている育毛剤や発毛剤はいろいろな育毛成分や発毛成分が配合されたりしていますが、本当に効果があるのだろうかと思ったりしませんか?

公益社団法人『日本皮膚科学会』が『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』というAGA診療ガイドを作成しており、そのガイドラインにはAGAの治療方法や発毛成分の推奨度等が記載されています。

学会が記載している発毛成分は、国内や海外の臨床試験等のエビデンス(文献)をもとに評価していますので発毛の効果を期待できるのではないでしょうか。

 

ガイドラインに記載されている発毛成分は実際に育毛剤や発毛剤に使用されていますので、下記に詳細を記載していきたいと思います。

 

この記事ではこのようなことについてまとめています。

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』とは?

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』の発毛成分の推奨度は?

【発毛成分の推奨度 一覧】はこちら

推奨成分を配合している発毛剤や育毛剤は?

【育毛剤と発毛剤の製品一覧】はこちら

おすすめの発毛剤と育毛剤は?

【発毛剤4製品と育毛剤3製品】

 

この記事は日本皮膚科学会のガイドライン資料を参考にしています。

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン』

『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』の背景

  • 2010年に『男性型脱毛症診療ガイドライン』第1版が作成。

  • その後新しい治療薬や治療手段が登場したこと、女性の男性型脱毛症に対する概念の変化により2017年に改訂。

  • 『男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版』は2010年時のガイドラインと同様に、日本皮膚科学会と毛髪科学研究会(SHSR)の共同作業で実施。

 

エビデンス(文献)の収集

  • 『使用したデータベース』:Medline , PubMed , SCI-RUSSCOPUS , 医療中央雑誌Web, Cochrance database systemic review を使用。

  • 『文献採択基準』:RCT(ランダム化比較試験)のシステマティック・レビューや個々の論文を優先。

  • 高水準の根拠が収集できない場合『非ランダム比較試験』や『症例集積研究』を参考。

  • 『基礎的研究』や『動物実験』の文献は不採用。

 

エビデンスのレベルと推奨度の基準

エビデンス(文献)のレベル分類(Ⅰ~Ⅵ)

エビデンスは研究や症例の質によりⅠからⅥの6種類に分けられています。

エビデンスのレベルが高い事や数が多いと推奨度は高評価を得ることになります。

  • レベルⅠ:システマティックレビュー/メタアナリシス
  • レベルⅡ:1つ以上のランダム化比較試験
  • レベルⅢ:非ランダム化比較試験
  • レベルⅣ:分析疫学的研究(コホート研究や症例対照研究)
  • レベルⅤ:記述研究(症例報告や症例集積研究)
  • レベルⅥ:専門委員会や専門家個人の意見

推奨度の分類(A~D)

推奨度はAからDと5段階で評価されており、エビデンスのレベルと数で推奨度が決められています。

  • A:行うよう強くすすめる(少なくとも1つの有効性を示すレベルⅠもしくは良質のレベルⅡのエビデンスがあること)
  • B:行うようすすめる(少なくとも1つ以上の有効性を示す質の劣るレベルⅡか良質のレベルⅢ、あるいは非常に良質のⅣのエビデンスがあること)
  • C1:行っても良い(質の劣るⅢ~Ⅳ、良質な複数のⅤ、あるいは委員会が認めるⅥのエビデンスがある)
  • C2:行わないほうがよい(有効なエビデンスがない、あるいは無効であるエビデンスがある)
  • D:行うべきでない(無効あるいは有害であることを示す良質のエビデンスがある)

治療薬成分の推奨度

『ガイドライン』成分の推奨度一覧

成分に関する10項目のCQ(Clinical  Question)

  • 推奨度は成分によって男性と女性で同じもの物もあれば、違うものもあるので注意。

Clinical Question(CQ)推奨度(男性)推奨度(女性)
フィナステリドの内服は有用か?
デュタステリドの内服は有用か?
ミノキシジルの外用は有用か?
ミノキシジルの内服は有用か?
アデノシンの外用は有用か?C1
カルプロニウム塩化物の外用は有用か?C1C1
t-フラバノンの外用は有用化か?C1C1
サイトプリンおよびペンタデカンの外用は有用か?C1C1
ケトコナゾールの外用は有用か?C1C1
ビマトプロストおよびラテノプロストの外用は有用か?C2C2

 

『各発毛成分(外用)の推奨度と文献要約』と成分配合製品

『ミノキシジル』

ミノキシジル成分は男性、女性とも推奨度は『A』です。

ミノキシジルの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する14件のランダム化比較試験と1件のシステマティック・レビューを実施
  • 女性型脱毛症に対する10件のランダム化比較試験と1件のシステマティック・レビューを実施
ガイドラインは、男性型脱毛症には5%ミノキシジル、女性型脱毛症には1%ミノキシジルの外用を強くすすめています。

 

【ミノキシジルの詳細を記載した記事はこちら】

発毛成分 『ミノキシジル』 効果と副作用 こんにちは。ブログ管理人のちゃおです。 前回は各会社から販売している発毛剤の比較をしてみましたが、各社製品の発毛成分は同じ...

ミノキシジル配合製品は11製品

ミノキシジルを配合している発毛剤は11製品※販売されており、すべて『第1類医薬品』の発毛剤です

※男性用で11種類。女性用は大正製薬の『リアップ・リジェンヌ』があります。

会社名製品名価格
大正製薬リアップX5プラス7,752円
アンファーメディカルミノキ57,800円
ロート製薬リグロEX57,700円
東和薬品ミノアップ7,752円
小林薬品工業ミノファイブ5,478円
岩城製薬ミノグロウ5,478円
※実勢価格3,150円
サンドラックミノゲイン5,478円
日本ジェネリックミノキシジルローション5%(JG)7,700円
加美乃素本舗加美乃素デルタ4,950円 
※初回購入のみ3,980円
興和リザレックコーワOPEN価格 
※実勢価格3,300円
富士化学工業ミノキシジル配合外用液5%7,480円

【発毛剤11製品の詳細を記載した記事はこちら】

『発毛剤の比較』気になる製品の定価は?11社をまとめてみました。 こんにちは。ブログ管理人のちゃおです。 発毛成分で有名なものは『ミノキシジル』というものですよね。 その『ミノキシジ...
『発毛剤の比較』気になる製品の成分数は?11社をまとめてみました。 発毛成分で有名なものは『ミノキシジル』というものですよね。 その『ミノキシジル』は、頭の髪の毛を発毛させる成分で有名です。...

【おすすめの発毛剤2製品はこちらの記事】

『おすすめの発毛剤』 価格が安い製品/ミノグロウ・リザレックコーワ

 

『アデノシン』

アデノシン成分の推奨度は男性『B』女性『C1』です。

アデノシンの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する3件のランダム化比較試験を実施
  • 女性型脱毛症に対する1件のランダム化比較試験を実施

男性被験者を対象とした6か月のランダム化比較試験で0.75%アデノシン配合ローションと5%ミノキシジルローションと同様の有用性が示唆された

女性被験者30名に12か月のランダム化比較試験で0.75%アデノシン配合ローションで成長期毛伸長率と太毛率は有意に増加した結果となった

 

ガイドラインは『アデノシンの発毛効果に関して男性に対する有効性を示す十分な根拠があるため外用療法をすすめる。女性に対する有効性を示す根拠はまだ不足しているが、副作用が軽微な点や女性用の製品が販売されていることも考慮し外用療法を行ってもよい』と記載している。

 

【アデノシンの詳細を記載した記事はこちら】

FGF-7 アデノシン
『発毛促進因子FGF-7』を活性化させる成分『アデノシン』の働きとは? 頭皮の髪の毛が発毛するメカニズムはわかっています。そしてある物質が関係しています。 その物質は人間の体内に存在する物質で、...

 

アデノシン配合製品は『資生堂 薬用アデノゲン』

アデノシンを配合している育毛剤が資生堂から3種類販売されています。すべて『医薬部外品』の育毛剤です。

資生堂 アデノシンスカルプトニック
育毛剤 『資生堂 薬用スカルプトニック』FGF-7を活性化させる成分『アデノシン』配合 育毛剤はたくさんの種類の製品が販売されています。 その中から自分に合った育毛剤を選択することは非常に時間がかかる作業です。...
資生堂アデノゲンEX
発毛促進・育毛剤『資生堂 薬用アデノゲンEX』FGF-7活性成分アデノシンを配合  育毛剤はたくさんの種類の製品が販売されています。 その中から自分に合った育毛剤を選択することは非常に時間がかかる作...
資生堂アデノゲン・グレイシィ
女性用育毛剤『資生堂 薬用アデノゲン・グレイシィ』はアデノシンを配合しています! 育毛剤はたくさんの種類の製品が販売されています。 その中から自分に合った育毛剤を選択することは非常に時間がかか...

 

『t-フラバノン』

t-フラバノン成分の推奨度は男性、女性とも『C1』です。

t-フラバノンの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する2件の非ランダム化比較試験と1件のランダム化比較試験を実施
  • 女性型脱毛症に対する臨床試験は実施されていない

男性被験者14名を対象にした6か月の非ランダム化比較試験では、毛髪径が増大し新生毛の毛径平均値が約20%増大し抜け毛が減少した

男性被験者197名を対象にした30週間の非ランダム化比較試験では軽度改善以上の改善率は53.1%を示し、毛髪径40μm以上の硬毛数も増加した

男性被験者77名を対象にした30週間のランダム化比較試験では、軽度改善以上の改善率は0.1%t-フラバノン濃度では約75%、0.3%t-フラバノン濃度では約70%であった

 

ガイドラインは『男性型脱毛症に対するt-フラバノンの発毛効果に関しては有効性を示す弱い根拠が存在するので、外用治療を行っても良い。女性型脱毛症に対する有効性を示す根拠は不足しているが副作用が軽微な点を考慮し行ってもよい』と記載している。

 

【t-フラバノン】の詳細記事はこちら

『t-フラバノン』育毛成分 効果について 育毛剤に使用される成分は、たくさんの成分があります。その中で頭皮の育毛作用、抗菌作用、殺菌作用、血行促進、消炎作用、皮脂抑制作用...

 

t-フラバノン配合製品は『花王 サクセス育毛トニック』

t-フラバノン成分を配合した育毛剤は花王から販売されています。すべて『医薬部外品』の育毛剤です。

『育毛剤の製品』サクセス育毛トニックの成分『花王』 こんにちは。ブログ管理人のちゃおです。 薬用育毛剤のシリーズ1からの続きです。前回は、柳屋の製品を紹介しましたが、今回は花...

『カルプロニウム塩化物』

カルプロニウム塩化物成分の推奨度は男性、女性とも『C1』です。

カルプロニウム塩化物の有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する4件の症例集積研究と1件の非ランダム化比較試験を実施
  • 女性型脱毛症に対する臨床効果を検討した試験は未実施

5%のカルプロニウム塩化物を使用し、男性被験者6名を対象にした1か月間の二重盲検非ランダム化比較試験で、6例中4例で脱毛減少あるいは発毛がみられた

10%のカルプロニウム塩化物を使用し、男性被験者4名を対象にした77日間から129日間の症例集積研究で、4例中2例で脱毛の抑制あるいは発毛効果を示した

5%のカルプロニウム塩化物を使用し、男性被験者5名を対象にした3~6か月間の症例集積研究で、5例中3例でやや有効の効果を示した

1%のカルプロニウム塩化物にカシュウチンキ、チクセツニンジンチンキの生薬を添加した外用薬を使用し、男性型脱毛症30名を対象にした3か月の症例集積研究で有効以上20%、やや有効60%であった。女性患者も含まれるが男女比は記載なし。

2%のカルプロニウム塩化物にカシュウチンキ、チクセツニンジンチンキ、ヒノキチオールの生薬を添加した外用薬を使用し、男性被験者75人と女性被験者11人を対象にした24週間の症例集積研究で改善率が男性26.7%、女性54.5%であった

 

ガイドラインは『カルプロニウム塩化物の外用での有効性は、現段階では十分に実証されていない、5%のカルプロニウム塩化物は長年にわたり保険適用となっており、生薬との合剤を含むわが国での膨大な診療実績を考慮し、行ってもよいことにする』と記載しています。

 

カルプロニウム塩化物配合製品は『第一三共ヘルスケア カロヤン プログレEX』

『カルプロニウム塩化物』を配合している育毛剤【第3類医薬品】

第一三共ヘルスケア カロヤン プログレEX

『楽天市場』プログレEXの最新価格

 

『サイトプリン』および『ペンタデカン』

『サイトプリン』および『ペンタデカン』推奨度は男性、女性とも『C1』です。

サイトプリンの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する1件のランダム化比較試験を実施
  • 女性型脱毛症に対する臨床効果を検討した試験は実施されていない

0.5%サイトプリン配合育毛剤を使用し、男性被験者43名を対象にした16週間のランダム化比較試験では、硬毛疎状態の改善例は19%、軟毛状態の改善例は14%、脱毛も減少した。16週後の毛髪所見および頭皮所見の総合的改善は軽度改善が30%であった

 

ペンタデカンの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する1件のランダム化比較試験を実施
  • 女性型脱毛症に対する1件の症例集積研究を実施

2.5%ペンタデカン酸グリセリドを含有する育毛剤を使用し、男性被験者75名を対象とした24週間のランダム化比較試験では、やや有効以上の有用率は76%であった

2.5%ペンタデカン酸グリセリド、酢酸トコフェノール0.2%を含有する育毛剤を使用し、女性被験者33名を対象とした6週間の症例集積研究で、軽度改善以上の有効率は79%、改善率は76%、軟毛の発生は64%、軟毛から硬毛への変化は76%、毛髪外径増加率は4.1%であった

 

ガイドラインは『サイトプリン、ペンタデカンの発毛効果については有効性を示す弱い根拠があるので、副作用が軽微な点も考慮しこれらを含む育毛剤の外用療法を行っても良いこととする』と記載しています。

 

サイトプリンとペンタデカン配合製品は『ライオン 薬用毛髪力 イノベート』

『サイトプリンとペンタデカンを配合する育毛剤【医薬部外品】

『ケトコナゾール』

『ケトコナゾール』の推奨度は男性、女性とも『C1』です。

(ケトコナゾール)は真菌症の治療に使用されるイミダゾール系合成抗真菌薬の1つです。

ケトコナゾールの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する2件の非ランダム化比較試験と2件の症例集積研究を実施
  • 女性型脱毛症に対する臨床効果を検討した試験は未実施

2%ケトコナゾールシャンプーを使用し、男性被験者27名を対象とした21か月の非ランダム化比較試験では、PI(Pilary Index※)は6か月より増加した。※PI=成長期毛率×毛髪直径平均値

2%ケトコナゾール含有ローションを使用し、男性被験者6名を対象とした10~12か月間の症例集積研究では、6例中2例で著明な発毛を認めた

2%ケトコナゾール含有ローションを使用し、男性被験者17名を対象とした6か月間の症例集積研究では、脱毛の程度が高度10例、中等度7例が、高度1例、中等度12例、軽度4例に改善した

2%ケトコナゾールシャンプーとフィナステリド内服(1mg/日)を併用した、男性被験者10名を対象とした12か月間の非ランダム化比較試験では、フィナステリド内服のみと、2%ケトコナゾールシャンプーとフィナステリド内服の併用群で有意差は無かった。

 

ガイドラインは『男性型脱毛症に対するケトコナゾール外用の発毛効果については有効性を示す弱い根拠があるので、外用を行っても良い(C1)とする。女性型脱毛症に対する有効性を示す根拠はまだ不足しているが、副作用が軽微な点も考慮し同じく行っても良いこととする』と記載しています。

 

国内で『ケトコナゾール』を配合した育毛剤は認可されていません。

 

『ビマトプロスト』および『ラタノプロスト』

『ビマトプロスト』および『ラタノプロスト』の推奨度は男性、女性とも『C2』です。

本来は緑内障における眼圧降下目的で使用されてきた薬剤です。

ラタノプロストの有用性についての文献数

  • 男性型脱毛症に対する1件のランダム化比較試験を実施

0.1%ラタノプロストを使用し男性被験者16名を対象にした24週間のランダム化比較試験では、治療群では50%が改善、44%が変化なし、6%が悪化した。

ラタノプロストは毛包を作用対象とした外用剤として承認されていません。

 

ガイドラインは『ビマトプロスト・ラタノプロスト外用の有用性は現時点では十分に実証されているとは言い難いため行わない方がよい』と記載しています。

 

推奨成分を配合した育毛剤、発毛剤のまとめ

日本皮膚科学会で作成された『AGA診療ガイドライン2017年版』に記載している発毛成分の推奨度と製品を紹介しました。

下記に一覧にしてまとめてみました。

発毛成分5種類と製品の一覧表

成分名推奨度成分配合製品
ミノキシジル男性A
女性A
リアップX5プラス
メディカルミノキ5
リグロEX5
ミノアップ
ミノファイブ
ミノグロウ
ミノゲイン
ミノキシジルローション5%(JG)
加美乃素デルタ
リザレックコーワ
ミノキシジル配合外用液5%FCI
リアップリジェンヌ
アデノシン男性B
女性C1
アデノゲンEX
アデノゲン・グレイシィ
薬用アデノゲンスカルプトニック
t-フラバノン男性C1
女性C1
サクセス 育毛トニック
カルプロニウム塩化物男性C1
女性C1
カロヤン プログレEX
サイトプリンおよびペンタデカン男性C1
女性C1
薬用毛髪力 イノベート
薬用毛髪力 ZZ

 

おすすめの発毛成分は?

1番におすすめする成分は『ミノキシジル』

2番目におすすめする成分は『アデノシン』

番目にお勧めする成分は『t-フラバノン』『サイトプリンおよびペンタデカン』『カルプロニウム塩化物』

理由は下記の通りです。

 

  1. ガイドラインは『ミノキシジル』は推奨度Aで高い水準の根拠があると記載している。
  2. ガイドラインは『アデノシン』に関して男性に対する有効性を示す十分な根拠があると記載している。
  3. ガイドラインは『t-フラバノン』は有効性を示す弱い根拠と記載している。
  4. ガイドラインは『サイトプリン、ペンタデカン』は有効性を示す弱い根拠と記載している。
  5. ガイドラインは『カルプロニウム塩化物』は外用での有効性は現段階では十分に実証されていないと記載している。

 

おすすめの発毛剤と育毛剤

ミノキシジル成分が配合されている発毛剤『コストで選ぶ』なら『リザレックコーワ』か『ミノグロウ』

上記2製品の詳細はこちらの記事に記載しています。

『おすすめの発毛剤』 価格が安い製品/ミノグロウ・リザレックコーワ

ミノキシジル成分と育毛成分が配合されている発毛剤なら『リアップX5プラス』か『ミノキシジル配合外用液5%FCI』

上記2製品の詳細はこちらの記事に記載しています。

FCI、リアップX5プラス
育毛成分を配合した発毛剤製品/おすすめの2製品【大正製薬と富士化学工業】 この記事ではこんなことについてまとめています。 販売中11製品の成分数、販売時期、価格 成分で差別化している...

女性用ミノキシジル配合 発毛剤は大正製薬の『リアップ・リジェンヌ』

『女性用 発毛剤製品』リアップリジェンヌの成分『大正製薬③』 こんにちは。ブログ管理人のちゃおです。 『発毛剤のラインナップと成分シリーズ3.1 大正製薬編②』からの続きです。前回は発...

 

アデノシンが配合されている育毛剤 資生堂『アデノゲン』3製品

上記3製品の詳細はこちらの記事に記載しています。

『資生堂 薬用スカルプトニック』

『資生堂 薬用アデノゲンEX』

女性用育毛剤『資生堂 薬用アデノゲン・グレイシィ』